キャンプと言えば寝袋

キャンプといえば寝袋。私が最近購入したキャンプギアの中で何気に一番かさばるギアなのが寝袋類。よくわからなかったので安物でいいかなと思い購入したのが「White Seekのシュラフ」です。型番等は特になく、0度対応って書いてあり、183㎝の太型な私で少々窮屈かなという感じです。ダウンではないのでコンプレッションに限界がありますが、まぁ値段相応で良いのかなという印象。私は極度の暑がりなのでマット&ユニクロのライトダウンを着て寝たら、0度近辺でも特に問題はなさそうでした。

収納サイズを少しでも小さくしようとコンプレッションしていたら、ベルトが切れたので、オレンジのおされなコンプレッションバッグ(10L)を見つけたので購入しました。純正のより納まりが良く気に入っています。

シートゥーサミット コンプレッションサック S/10L【☆】
YOSHIKI P2インターネットショップ
¥ 2,090(2020/05/03 10:55時点)

寝袋とセットで必要なのがマット類。これがまたかさばるのですが、エアマットにする事で多少小さくできます。枕付きで足で空気が入れれる「コールマン エアウェーブ」を購入してみました。

このエアマット(写真左)が、私がはずれを引いたのか初日から空気が抜けて死ぬ思いしました。空気を入れた直後はパンパンになっているのですが、数時間すると地面と接してものすごい冷気が体を襲います。私が初めて利用したのは3月でしたが、エアマットを冬山に持っていくと死ぬかもっていう意味が分かりました。

で、7000円近くもしたので使わないわけにはいかないため、空気入れてお風呂に水張って穴を特定して瞬間接着剤でふさいだら一旦は直りましたが…この補修では数回の使用で空気が抜けるので本格的に補修が必要そうです…

コールマンのエアマットだけでも良かったのですが、前から気になっていたウレタンマットタイプである「NEMO スイッチバック」も購入してみました。何が気になっていたのかというと、色です。なぜか私は昔からオレンジが好きなので、オレンジ見つけると買わずにはいられない病気にかかっています。結構な難病です(汗

コールマンのエアウェーブはなんとなく枕っぽいエリアがあるので、枕なしで寝てみましたが、やっぱりつらいので安物の「キャプテンスタッグのインフレーティングピロー」を購入。この枕が何気に私の使い方にマッチしていて、最大に膨らませた場合は寝ながらスマホ見るのに適した高さになり、眠くなったら横のバルブ回して空気抜いて寝るみたいな。収納サイズは安物だけに結構でかいので、自宅でも利用しています。

キャンプの寝具については賛否両論あると思いますが、私の心情としては「エアマット」は無いかな。普通は空気抜けたりしないらしいので、私がはずれ引いただけだと思います。ウレタンマットで十分寝れるのでしばらくそれ使って次はコットを検討したいと思います。

で、寝具関連の総額が…

寝袋2,629円
コンプレッションバッグ‭2,200円
エアマット6,396円
ウレタンマット6,650円
828円
トータル‭‭18,703‬‬円

コメント

タイトルとURLをコピーしました