KTM DUKE II 640 復活(2019)

前回のKTM DUKE IIに関する投稿が2013年5月でツーリング前の整備とその他もろもろで10万コースだった話。読み返して思い出したけど、この時お金だけ払って前の左右ウィンカーが在庫なしってことで、発注だけして受け取らないままスルーしていました…早いもので車検が切れてから数年、不動状態で放置していたKTM DUKE IIでしたが、いろいろと悩んだ結果、今回は新しく(?)横浜市にできたKTM横浜さんに持ち込みで車検含めていろいろと整備して頂きました。

復活までの軌跡(2019)

数年放置プレイかましただけに、不動状態からいろいろやってもらった結果、車検合わせて総額約19万(車検込み)の大メンテになりました。作業内容は以下になります。

エンジン&ミッションオイル、クーラント交換

数年不動でオイルやクーラントは無残なことになっていたので全て交換してフラッシング。とりあえずはエンジンかかって動き出すレベルには到達しました。現時点(2020夏)で数ヶ月経過したしているので、もう一度エンジン&ミッションオイル交換は実施しなければ…と思いながら、「まだいいか病」が発症している状態です。

クラッチオーバーホール

クラッチはスカスカ状態だったのでこちらもオーバーホールをお願いしました。取り敢えずはクラッチは切れる状態まで復帰しましたが、たまに抜ける事があるので、様子見しています。近いうちに、再度オーバーホールするか部品替えるか検討中。

ブレーキオーバーホール

握ればかかるレベルでしたが、ブレーキ関連のオーバーホールもお願いしました。現状は特に問題ない感じです。パッドくらいは自分で変えてあげようか悩み中。

車検

いつかは自分で車検を取ることを夢見ている私ですが、未だに言い訳してお店にお願いしている状態です。他のバイク仲間は整備から車検まで全て自分でこなせる強者なので、色々と情報はもらっているので、いつかはチャレンジしたいと思います。

その他

あとはいつのまにか割れてた、フレームのクラック補修溶接でプラス約1万円。あとはヘニャヘニャになったウィンカーを左右セットで交換。

バッテリーを他の店で中華製に交換したのですが、セルの周りが弱くデコンプ触りながらじゃないとピストンが回らないという状況に。純正指定のGSユアサに交換してプラス1.5万円。ユアサにしても真冬の冷えた状態だとバッテリー上がる寸前までデコンプ&チョークで頑張らないとエンジンかからないので、冬のロングは厳しそう…思えば、このバイクで冬に走ったことなかったなと(汗

ETC取付

ETCがないとツーリングに行く気が起きなかったので、助成金も出ることだしと某バイク用品店でETC2.0(意味ある?)を搭載してプラス3.0万+ついでに交換した中華バッテリーで1.5万(涙)…これが無駄でした。

車検証ケース

今までは、このバイクに乗る時はいつもバックパックを背負っていたので、そこに車検証など入れていました。ETCを取り付けたタイミングで携帯工具を出したついでに車検証ケースも一新して後部座席奥に配置しています。この項目は整備とは関係ないですが。

KTM DUKE II復活 総評

さすがに数年放置しただけあっていろいろと問題がありましたが、未だ不安が残るのがクラッチです。たまにクラッチが切れない時があって、その場合はクラッチをにぎにぎして復活させるという謎の儀式が必要となりました。クラッチ周りの腐食がすごいのが理由という事でしたが、クラッチ周り全取替で部品7万工賃5千=約8万円の追加はつらいので、しばらくは様子見。

タイヤも交換した方が良いのはわかりますが、数年放置した割には硬化していない&ひび割れも無しなので、安全運転しながら少し様子見しようかと。まぁお金がないともいいますが(涙

で、2019年末にKTM DUKE IIに使ったお金は…ETCやタンクバックなど色々と購入した物を含めて約26万円!

ちなみに今(ポスト時点)は2020夏です。一度くらいツーリング行ってから復活ブログ書こうと思ったまま半年以上放置するあたり全く懲りていないですね(汗。今回は2週に一度はエンジンかけて近所走る程度は動かしていますが。

まぁ、50歳まではこのバイクで尖がるつもりでがんばります(汗

コメント

  1. おじさん より:

    私もDuke2乗りです。近く三島在住の方と箱根あたりで二台だけのDuke2ミーティングを予定しています。

    • Mitty Mitty より:

      コメントありがとうございます!
      DUKE II乗りは珍しいですね!私は未だに遭遇した事がありません。
      次の世代あたりからはたまに見かけるのですが。

タイトルとURLをコピーしました