SUZUKI V-Strom 650XT Third Impression

ハンドルの向きが逆という事でした。話聞いてなかったけど、フェリーに停めるときにはハンドルは右に切るという事で。

慣らしも強制的(?)に終わらせて、約3ヵ月経過後に初回点検を行った、私のかわいいVストローム650XT。800キロ位でスズキワールドに持ち込みオイルとフィルター交換を実施しました。これでツーリングに参加してぶいぶい走れるぜっと翌週のツーリングに参加表明しました。点検の翌日に「初回点検も終わったし、ボロボロだけど通勤で利用しているGIVIのトップケースでも取り付けするかな」と思って15年以上前に購入してVXRで大活躍していたGIVIの汎用アダプターを取り付けするために純正のグラブバー兼リアキャリアを取り外そうとしたその時。

「あれ?これロックタイト塗りまくってんな。すげー固いぞ。」

「まぁ外れないほどではないな。」

「最後の一個が、グムム…ぽろん…」

これをアイキャッチ画像に設定するセンス。

はい。ボルト折れました(涙。そこまで力入れてないけど、ポロンって感じで転がっていきましたよ。なんか以前に折れたアドレス110のオイルフィルターボルトといいスズキのバイクと相性が悪い。前回はトルクレンチで締める時で、今回は外すときに折れるとは…

自分でなんとかしようと思ったけど、新車をこれ以上壊すのなんなので(汗、車両購入したスズキワールドに泣きながら持ち込みました。お店の人曰く、新車時は一気に回さず締めたり緩めたりを繰り返しながら外すと良いらしい。ロック剤塗ってるボルト何本も外しましたが、初めて知りました。皆さんも気を付けてくださいね。

ネジロック剤が塗ってなければ556流し込んでエキストラクターで外す事もできたのですが、たんまり塗ってあるのでリア回り分解してヒートガンでネジロックを溶かす方向で進めてもらい…外れない。預ける方向になりそうだったのでとりあえずボルトだけ注文してツーリングに行ってきました(汗。

慣らし完了後の各種インプレッション

前置きがずいぶんと長くなりましたが、リアケース以外のインプレッションをw

車体回り編

ヘッドライト

宮ケ瀬近辺で。暗いけど、まぁ耐えられるレベルかなと。

自分ではあまり暗さは気にならないけど、BMW組と並ぶと確かに暗いですな。まぁBMWのLEDと比べるのが間違いなのかもしれませんが(汗。お店の人に相談すると「スフィアライトのライジングα」が取り付けも簡単でお勧めとの事。いつか変更してみようと思います。

あとはヘッドライトとは関係ないけど、ウィンカーがダサいのでいつか小さいのに替えたい。

シールド

納車時は一番低いポジションでしたが、数回のツーリングで虫パンチを食らうので一番高くしました。左がノーマル(最低位置)、右が最高位置です。最高位置でも虫パンチは食らいますね。まぁ座高が高いので諦めますか(汗。

メーター回り

視認性は問題なし。特にタコメーターがアナログなのは心を刺激します。時間、燃料計、外気温など、今や普通のバイクにはついてあるであろう情報は見れます。BMWとツーリング行った時に外気温が高めに出てる気がしたけど、まぁ…どうでも良い(汗。

スポークホイール

これのためにXTにしたので、かなり気に入ってます。ギャップ踏んだ時などに貢献しているかは不明ですが、乗り心地は最高です。峠でも多少影響しているのか「ヌメ」っとした感じが私には滑らない感じがして安心感につながります。すでに約2000キロでかなり汚れているので掃除しないといけませんね。洗車嫌いなので面倒ですが…

グリップヒーター

一度だけ会社からの帰りに使いましたが、かなり暖かいです。グリップが擦れたときに全交換になるのを避けるためにグリップカバーを取り付け予定。アクセル側のケーブルがグリップ握った時に触れるのが嫌でミラー側に寄せてます。

シート

評判の良いシート。ローシートにすると座り心地が悪くなると噂ですが、逆にハイシートにしたら座り心地がさらによくなるのかな。でもノーマルで良いか。2時間位の連続走行や12時間ほどのツーリングでは何も感じないほど座り心地は良いです。

ステップ

足つきが悪い事の原因になってるであろうステップ。座った丁度真下にあるので、足を出すと後ろ側に降ろす事になります。まぁ良いかなと思ってたけど渋滞や下道で頻繁に足を降ろすと弁慶の泣き所を結構打ち付けてロング行った後に風呂で見たら腫れていました(涙。このバイクでバックステップはないので慣れるしかないと思う今日この頃。

積載

ガレージが汚い…のは置いといて、折れたボルト…も置いといて(汗、ツーリングに行くためにお友達にもらったシートバッグを取り付けてみました。40リットルなので、そこそこ物が入ります。この手のシートバッグは、ツーリング当日に「よし、取り付け完了」からの「あ、ETCカード入れるの忘れた」となる確率が高くて、もれなく私も数回取り外ししました。

走り編

高速とか

Vストローム650は時速100キロ(5000rpm)での巡行は最高に楽ちんです。おじさんはあまり飛ばさないのでわかりませんが、国が許せば130~140(6000~7000rpm)キロでの巡行も問題なさそう。150キロ(8000rpm)を超えてくるあたりからは振動など含めて心のストレスが気になってくるでしょう(天気予報風)。排気量が650㏄なのであまり高速度で巡行すると燃費はダダ落ちすると思います。

ギャップを踏んだ時も良い感じでサスが動くので不安な感じは一切ないので、まったり巡行するとどこまでも行けそうな気がしてきます。ただ、良い意味で退屈なので話相手とか音楽やラジオなどあった方が良いと思います。疲れてきたときにも、この安定感が発揮されるので、ロングなども安心して楽しめます。私はGoProの充電とニコチンの充填のために1~2時間で休憩するので、数時間連続で乗り続けるレビューは難しいです(汗。

山道とか

慣らし中は全く楽しめないので行かなかった山道(峠)。まぁ慣らしが終わった所でかなり遅い部類なので「速く」走るようなレビューはできませんが、まったり峠走りして思った事がコーナーが怖くない。怖くないと言っても速く走れるわけではなく、遅くコーナー走っても怖くないという意味。相変わらず以前にRunner VXRでコケタ影響で右コーナーがスローになるのは変わりませんが、コーナーを走る時にKTMと比べると安定してる気がします。速く走るならKTMの方が高速で曲がれそうな気はする(当たり前か)。怖いけど。

街乗りとか

大きいから大変そうに見える街乗りは…Vストローム650XTであれば、都会の街乗りから横浜の田舎の街乗りまでこなせると思います。少なくとも以前乗っていたKTMよりは街乗りしやすい(これも当たり前か)。跨ってエンジンかけてしまえば重さは感じないのでヒラヒラと交差点も曲がれます。曲がった先に「何か」がいて、多少寝かせている状態でブレーキかけてしまうと支えきれないので注意が必要です。いつか立ちごけ的な感じになりそうで怖いので、込み入った所ではなるべくバイクを寝かさないで曲がるようにしています。まぁそんなとこでビュン!と行く人はいないでしょうけど。

航続距離とか

さすがに旅バイクだけあって、航続距離は長いです。満タンでEmptyになるまで400キロ行けそうなムードです。今後は慣らし後の通常運転を続けて、どうなるかチェックしていこうと思います。

タンクバッグをつけてガソリンを給油するのが色々と面倒なので、早くSW-MOTECHのタンクバッグが欲しい今日この頃。リアケース買ったらタンクバッグが必要なくなってきそうな気もするので、先にリアケース取り付けてみようと思います。折れたボルト外せればですがw

押し回しとか

ガレージに傾斜がついているので、押し回しが心配でしたが、まぁ何とかなるレベルでした。というか私的にはギリギリか。腰の位置が高くて押し引きするのに丁度良いです。これが重いネイキッドとかSSとかだと腰を下に入れれないから踏ん張れないかも。

総評

お値段以上の価値があると思います。あと50万出せばVストローム1050とか思うと悩ましいけど、あちらはさらに重くなるので、650㏄は絶妙なバランスです。各所に価格を抑えるためにオプションになってたり、パニアが異常に高かったりするけども、乗り出し100万で、追加で色々取り付けても150万切る価格はものすごい魅力ですね。まぁお小遣いが無くなってパニアなんかはいつになるのか不明ですが(汗。

電子制御は控えめなのも私的には魅力的なので、素のバイクを楽しみたいと思っている人はVストローム650はお勧めです。電子制御ついてるバイクは必然的に高くなりますしね。良くも悪くも昔ながらのバイク感を楽しめる 良いエンジンと車体だと思います。

昔からBMWは「上がり」のバイクと言われますが、私的にはこのVストローム650XTこそが、上がりバイクになりそうです。馬力やサイズ感のバランスが素晴らしい。要は「尖ってない」けど、「つまらなくない」感じが私にはベストマッチなのだと思います。人それぞれ感覚は違うと思いますが、「やっぱりバイクだよなぁ」って思えるバイクだと思います。これがもう少し「退屈」なバイクだと、印象がかなり変わると思われます。

バランス、バランスうるせぇよと声が聞こえてきますが、私にとって「ベストバランス」なバイクに出会えてよかったです。今回でImpressionシリーズ(?)は終了して、次回は「折れたボルトを取り戻せ」編がスタートすると思います(汗。

各種状況

走行距離:1598㎞

この記事書いてる時点ではもう少し距離は伸びてる。日帰り500キロ位のツーリングも行けそうなので、計画してみようと思う。

直近燃費:23.95km/l

燃費は今の所の最低燃費が21.45㎞/lで、このときは慣らしを終えて調子に乗ったタイミングなので普通に走っている分にはこの位に落ち着く感じかな。

平均燃費:22.97km/l

燃費的には満足です。他の本格アドベンチャーと比べても航続距離に引けは取らないと思われます。普通のバイクにはなおさら。

現時点の総額

シートバッグはお友達にもらったので出費は無し。折れたボルトの工賃がいくらかかるのか怖い(汗。

2021年7月乗り出し943,525円
総額943,525円

今後の予定

洗車

洗車嫌いで有名な(?) Mittyですが、Vストロームのために頑張ろうと思います。バイクの洗車のやり方忘れたというのが正直な所ですが…

ソロキャンプ行ってみる

コロナが落ち着いたらこのバイクでソロキャンプ行ってみたい。荷物はシートとタンクバッグで何とか行けると予想中。

パニア

フルパニア目指して色々と物色中。今欲しいのはスズキ純正。揃うのはいつになる事やら。

名称品番価格
アルミトップケース38L99000-990D7-09458,300円
トップケースキャリアセット99000-990D7-09528,050円
アルミサイドケースセット99000-990D7-097121,000円
サイドケースキャリアキット99000-990D7-10099,000円
ロックセット 6個99000-990D7-1055,280円
created by Rinker
¥104,500 (2021/12/08 10:42:13時点 楽天市場調べ-詳細)

タンクバッグ

欲しいタンクバッグはあるけど、そこそこなお値段なので様子見。買うとなったらこれにします。SW-MOTECHのタンクリング(TRT0064012500/B)、タンクバッグ(BCTRS0010320002)。

created by Rinker
¥6,294 (2021/12/08 11:12:19時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥45,433 (2021/12/08 11:42:23時点 楽天市場調べ-詳細)

センタースタンド

今後のメンテナンスや不安定な場所で停車するのにセンタースタンドが欲しい。この手のものをオプションにして値段を抑えているのはわかるけど、純正高すぎるだろ(汗。

コメント

タイトルとURLをコピーしました