サイドバッグ導入 – SUZUKI V-Strom650XT

Vストローム650XTに積載量アップのためにサイドバッグを導入しました。純正のパニアを夢見てやまないMittyですが、貯金がたまる頃には歳を取って免許返納してそうで怖いので安めの装備でなんとか「キャンプツーリングに行けないか」を検討していました。現状搭載しているリアケースとシートバッグ、タックバッグでも持ちものを減らせば何とか積載できそうでしたが、余裕のある旅(バイク)にするために色々と取り付けしてみました。

サイドバッグにも色々あり、大きく分類すると2種類のサイドバッグ(ボックス)があります。アルミやプラスチックの「ハードタイプ」と各種生地の「ソフトタイプ」があり、純正フルパニア購入までのつなぎとして、ソフトタイプを購入してみました。

キジマ バッグサポート for V-STROM650XT

ソフトタイプのメリットはやはり「値段が安い」と「軽い」事ですか。防水を謳っている物であればある程度の雨は凌げるので、ツーリング等でも問題ありません。泥遊びに似合いそうな「Mosk Moto」とか欲しいソフトパニアはあるけれど、こんな値段のもの買ったら一生物になってしまうので断念。

安いサイドパニアを探しているときに思ったのが「これって巻き込みやマフラーに接触するんじゃね?」という事。少し探すとKIJIMAからサイドバッグサポートなるものが販売されていたので、即買い(汗。必要かどうかをもう少し検討する事無く購入する辺りに心の闇が見えますねw

取り付けはナンバー側は既存のボルトを外して付属のボルトにワッシャーとステーをかまして共締めして、ステップ側は空いてるところに付属のボルトで共締めして完了。この手のパーツが出てるのはありがたいですね。ボルトONで装着可能。俺に優しい仕様です( ・∇・)

ドッペルギャンガー ターポリンサイドバッグ

次に良さげなソフトパニアを探します。純正のサイドパニアがステー含めて20万位するので、その10分の1のお値段が予算的な希望なので1万円のソフトパニアになりますな。容量は左右20Lでトータル40L位が理想。探してるとドッペルギャンガーから発売されているサイドバッグが良さげな感じだったのでそれを購入しました。マフラーに触れるか心配でしたが、ちょうど良い感じで逃げてます。

取り付けは結構面倒なので取り外しは洗車の時だけになるでしょう。

  1. シート外す
  2. 両バッグをシート下で繋ぐ
  3. シート閉じる
  4. シート上にマジックテープのベルト装着
  5. 前のDリングをステップ近辺のステーに装着
  6. 後ろのDリングをベルトで両方装着

取り付け中に気が付いたのが、Dリングを通すベルトが本来の付属品と違う…本来は後ろ側のベルトは両方がDリングフックになっているっぽいけど、私のは3本共に片側Dリングフックでした。まぁ取り付けられない事はないので後ろは無理やり取り付けて、前側はKIJIMAのステーにちょうど良いポイントがあったのでタイラップで取り付けました。外さないかなと(汗。

マフラー側が触れるので板敷を追加※22年5月追記

中身が空だったのでマフラーへの干渉はしていなかったと言うことに気が付きました(汗。ツーリングに向けてレインウェアを入れて眺めてた時に気が付きました。中身の重さで少しタッチする状態だったので板敷を作成していれときました。サイズは17cm x 30cmでちょうど良い感じ。ガレージにころがっていたプラ板をカットして角を丸くしてゴムテープ貼って完了。

キャンプを想定して「焚き火セット(斧やTABIなど)」「グラウンドシート類」「薪割り用板」など約5キロ程入れても数センチの隙間があるようになりました。風が抜けるのでこの隙間でイケると思いたいですが、夏の渋滞でどうなるか様子見してみようとおもいます。まぁおそらく大丈夫でしょう。両方入れるとバランス取れそうですが、今は片側だけで良いかな。

雑感

取り付けに関しては、さすがの私でも問題なく可能でした(汗。サイズ感的にも物入れていなければ横幅に影響する事もなく常設する方向で行こうと思います。あとは雨天時にどれくらい雨漏りするか確認したいけど、雨天時に運転する事を避けている今日この頃。サイドバッグに濡れて困る物を入れる予定はないので、いつかキャンプツーリングで雨にであったら判ると思います。

リアボックスが普通のGIVIなので見た目がいまいちですね。現在は通勤用のアドレスと兼用なんですが、この兼用しているのが結構気に入ってます。ガレージが手狭になってきた事もあり、ボックスを置く場所が無いのです。しばらくは現在のボックスで様子見て、サイドバッグが良い感じだったら何かかっこいいリアボックスで通勤にも利用できる物を探そうと思います。

今回で一応のフル積載(リアボックスシートバッグ、サイドバッグ、タンクバッグ)の準備が整いました。あとはキャンプツーリングに行くだけですな。キャンプ道具全部乗るかな(汗。

現時点の総額

フルパニアへの道のりは遠い…というか、もうこれで良いんじゃないか感が漂う今日この頃。今回の出費はKIJIMAのバッグサポートが11,144円+DOPPELGANGERのサイドバッグが9,009円でした。

サイドバッグ導入20,153円
センタースタンド24,750円
リアボックス取り付け1,436円
ハンドルマウントステー5,102円
2021年7月乗り出し943,525円
総額994,966円
まだ100万切ってる

各種状況

走行距離:1920㎞

まったく乗れてない(涙。ツーリングも雨でお流れして残念。一人でどっか行くしかない。

直近燃費:19.39km/l

ガソリン入れたの去年の11月…半年間で300キロちょっとしか走っていない事に(汗。

平均燃費:22.37km/l

今年は北へ南へと1万キロ位は走りたいなぁ…遠い目。

今後の予定

洗車

基本コンテナの中で保管してるし、雨の日に走った事ないので洗車を先延ばしにしている…

ソロキャンプ行ってみる

今回の投資でソロキャンプに行ける状況にはなったので、夏前にバイクキャンプを予定してみる。

パニア

どうすっかなートップケースだけでも取り付けるか。今回のソフトパニアの使用感次第だな。ソフトが良い感じだったらサイドはソフトで行こうかな。

名称品番価格
アルミトップケース38L99000-990D7-09458,300円
トップケースキャリアセット99000-990D7-09528,050円
アルミサイドケースセット99000-990D7-097121,000円
サイドケースキャリアキット99000-990D7-10099,000円
ロックセット 6個99000-990D7-1055,280円

タンクバッグ

欲しいタンクバッグはあるけど、そこそこなお値段なので様子見。買うとなったらこれにします。SW-MOTECHのタンクリング(TRT0064012500/B)、タンクバッグ(BCTRS0010320002)。一度酔った勢いでタンクリング注文したら入荷予定無しとショップから連絡が来たよ。

created by Rinker
SW-MOTECH(エスダブリュモーテック)
¥26,873(2022/05/27 09:52:31時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました