The Next Motorcycle is a TABI BIKE!

KTM 640 DUKE IIをドナドナを決めた日に新たなるバイクを探して旅に出ました。候補は何台かありましたが、以下の条件に合うバイクを検討していました。

次のバイクの条件

その1:峠道などの坂道でそこそこの走破性がある

これは排気量に依存するのでしょうが、250だと走りながら道を譲ってくれる車に対しても結構な気合で抜き去らないといけないのです。譲ってくれないなら、そのまま後ろについて行けば良いし無理に抜く事はないのですが、譲ってくれているのに抜かないのも何なので(汗。排気量としては250以上ある事が条件の一つになりました。250㏄では馬力不足は否めないので、600㏄以上のバイクが欲しいの。

その2:積載性がある

これはキャンプやロングツーリングに行きたいので、次のバイクには必須項目。あとは二人乗りも視野に入れて、パニアでもシートバックでも積載の可能性が広がるバイクが欲しいの。

その3:旅に出たくなる

乗るのが億劫になるバイクでは意味がない&それほど走りに重きを置いていない事に気が付いた初老のMittyです。乗りにくくても気合で乗り切る時代は終わりを告げました。どこまでも走りたくなる気持ちにさせてくれるバイク、要は高速道路でどーーーんっと走ることが可能なバイクが欲しいの。

その4:重量

ここも重要なポイントです。バイクはコンテナに突っ込んでいるのですが、キャンプ道具や工具や在宅での机など結構なスペースが埋まっているので、出し入れ含めてストレス無く押し引きできる重さのバイクを検討していました。KTM 640 DUKE IIはビックタンクつけて満タンでおそらく190キロ位ですかね。もう少し軽いかも。そのレベルであれば出し入れも問題ないけど、どこまで私が耐えられるかは…買ってみないとわかりません。が、満タンで200キロを切るバイクが欲しいの。

次のバイクは旅バイクに決定

まぁタイトルにある通り、「スズキ Vストローム650XT」に決めました!条件の1~3までは120%越えでマッチしているのと、最大の決め手は…「値段」です。スイフトスポーツでも思いましたが、スズキは価格破壊がやばいですよね。新車で100万切るアドベンチャー系ってすごくないですかね。日本の道路事情にマッチしている事はもとより、最近はやりのサステイナブルな長ーく乗っていられるバイクに魅力を感じている今日この頃です。V-Strom650XTのファーストインプレッションレビューは次回に。

コメント

  1. […] 「バッテリーが抜けない!」と気が付いたのはV-Strom650XTを購入(2021年8月)してクソ暑い中で近所を徘徊(距離は30キロ位)して戻ってWIFIアップロードのためにGoPro MAXを電源つないだまま、数日放置した時でした。 […]

タイトルとURLをコピーしました