SOTOサーモスタッククッカーコンボ(SOD-521)といふもの

新たなキャンプギアを探してネットサーフィンをしていたら、次の日の朝に購入確定メールが届く事が多いMittyです。皆様如何お過ごしでしょうか。新たなコーヒーセットを購入したので、そのレビューと備忘録を。

SOTO サーモスタッククッカーコンボ SOD-521

私のキャンプに必須な所作の一つである「コーヒー」。スノーピークのケトルに各種コーヒーセットを突っ込んで利用している日々を過ごしていたのですが、もう少し軽いセットにできないかと検討しているときに見つけたのが「SOTO サーモスタッククッカーコンボ」です。これに決めたポイントは以下。

ポイントその一:スタッキング美がすんばらしい

まずはスタッキング美です。各種メーカーのクッカーを購入してスタッキング美を追求するのも面白そうではありますが、沼にハマる事請け合いなので、悩んだ末に各メーカーの推奨コンボを検討していました。そんな時に「すんげーのがある」とネットで見つけたのがこのクッカー。SOTOの製品が好きな事もありますが、すんばらしいスタッキングっぷりです。

ポイントその二:ダブルウォールがすんばらしい

コーヒーにしろ、ハイボールやジンの炭酸割やウィスキーや焼酎のお湯割りなど保冷温が飲み物には大切だと思ってマグはダブルウォールしか使わない事で有名(?)なMittyですが、このクッカーコンボは内側のカップがダブルウォールになっています。おまけにコジー(保温ケース)があり、外側のマグで湯沸かしやスープ作ってそれを保温する事も可能という…なんて日だ!(ぇ

ポイントその三:マグリッド(蓋)の注ぎ口がすんばらしい

コーヒーに必要なケトルですが、ばしゃばしゃと注ぐよりは少しずつ注げる方が美味しいコーヒーが淹れれるのは皆さまもご存じだと思います。このマグについているマグリッドのおかげでコーヒーに必要な細目で湯量を調整して入れる事が可能です。

ポイントその四:オレンジ色の交換用リッド&ジョイントがすんばらしい

こ、これは私の完全なる趣味ですが…オレンジの交換パーツがあったので同時に購入(汗。これは仕方ないよね。オレンジなんだもの…

Mitty的スタッキング

何が入るかなと考えた時に自分でコーヒーセットと謳うからにはコーヒーに必要な物をすべて入れたかったのですが、ミルが入らん(汗。入りそうなミルを探してみたけど、そんな都合の良いミルは見つからず。それならばバーナーをメインに色々と検討した結果、今の手持ちである「SOTO FUSION Trek」や「エバニューのアルストセット」なども入らない事が判明して、朝起きたら下のセットが枕元に置いて(ry。

マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310

内側のマグ(350ml)に付属のリフターと共にスタッキングするのがこのバーナーアミカスと悩んだけど以前に購入したSOTO FUSION Trekでのマイクロレギュレーターの安定感が好きでウインドマスターにしました。もちろん一緒に4本五徳も購入です(‘ω’)

スタビライザー

このクッカーにミラクルフィットさせるためにはOD缶は110サイズになります。110サイズは小さいので上に鉄板など置く事も考慮に入れるとあった方が良いのがスタビライザー。ただ普通のスタビライザーはそこそこ大きいのでうまい事スタッキングに入れる事が出来ません。そこで見つけたのがこれ。小さく折りたためるのでギリ入ります。

コーヒードリッパー&フィルター

色々眺めてて、マグの隙間にコーヒーのフィルターをセット可能だと気が付いてから、色々と購入して右往左往してました(汗。メッシュのフィルターがミラクルフィットするので、このセットには台形のフック付きのメッシュフィルター+紙フィルターにしました。「メッシュなら紙いらんやん」と思って使ってみた所、「掃除が超面倒」という事に気が付き紙を導入した次第です。

ここからは失敗談。最初は円錐タイプのメッシュにして、エバニューのドリップリングを使おうと試みていたのですが、ドリップリング+メッシュはそもそも無理でした。ドリップリングは紙フィルターを細く差し込み利用する仕様でメッシュや円錐タイプのドリッパーは安定しませんでした。100均のクリップなど駆使して色々と考えましたが、そこまでしてこれ使う事もないかなと(-_-;)

炊飯用の蓋

必要かどうかは疑問が残りますが、ネットでTOAKSのLID-D95という95㎜の蓋がサーモクッカーにミラクルフィットすると知って思わず購入した炊飯用のチタン蓋。コジーの底に沈めています。これで炊飯する事あるのかな。今度試しにやってみよう。自動炊飯だと惨事になる可能性があるのでバーナーでしっかりやってみようと思う。

全重量

これら全部をスタッキングした重量がなんと奇跡の「666.6g」でした。OD缶は数回仕様したので満タンだともう少し重量は増えると思います。でも、まぁ軽いですね。ちなみにスノーピークのケトルでのコーヒーセットが「1070g」です。こっちはバーナー&ガス缶セットであっちはミルも入るのでどっちもどっちという感じですが、コンパクトなのはこっちですかね。

雑感

とまぁこんな感じで沼ったMittyではありますが、良いもの見つけたなと思っています。これら全部入れてもコンパクトなので軽量キャンプに最適ですね。これがあればインスタント麺も(割れば)行けるし、炊飯もできる(らしい)。コーヒーミルと豆が入らないのはご愛敬という事で(汗。このセットと鉄板があればキャンプご飯はイケます。バッグパック一つでキャンプなど夢が広がりますね(‘ω’)

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥7,400(2022/06/29 00:04:53時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました